f:id:kenkouoyaji:20161102181659j:plain

現在では、うつ病は「精神の病気」というよりも「脳の病気」と考えられることが多いようです。

脳についての研究が進むにつれて、脳の神経伝達物質と人のもつ感情との関わりが明らかになってきました。

そして、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が、人に幸福感や平穏な気持ちを与えていることが分かりました。

うつ病になると、脳内でセロトニンの分泌に異常が起きるために、気持ちがふさぎ込んだり、意欲が低下してしまいます。

またセロトニンを分泌するセロトニン神経は、ドーパミン神経とノルアドレナリン神経に働きかけることで、自律神経をもコントロールしています。

自律神経というのは、呼吸や体温調節や消化吸収など生存していくためのシステム全般を司る神経です。

つまり、セロトニン分泌に異常が起きると、自律神経もおかしくなって、いろんな身体症状にもつながるわけです。

うつ病の症状として、食欲低下、不眠、頭痛、首や肩のコリ、倦怠感などが挙げられますが、元をたどるとセロトニン分泌が不調になり自律神経のバランスが崩れたためといえます。

では、さらに元をたどってみましょう。

セロトニン分泌が不調になったのはなぜなのでしょう?

セロトニン製造工場のかなめが腸

セロトニンは脳で作られていると考えられていますが、正確には腸と脳が協働して生成します。

セロトニンの原料となるアミノ酸トリプトファンは、食べ物を通して人体に入ってきます。

そのトリプトファンを下処理してから脳へと送るのが、実は腸内細菌なのです。

下処理されたトリプトファンである5-HTO(5-ヒドロキシトリプトファン)が脳へと送られ、それが脳の「ほう線核」においてセロトニンへと合成されてから分泌されます。

さらに腸内細菌の働きにより、腸内にも多くのセロトニンが分泌されます。

その分泌量は脳よりも多く、人体に存在するセロトニンの90%は腸にあります。また血液中には8%存在し、脳に存在するのは2%程度なのです。

脳より腸がストレスに敏感

f:id:kenkouoyaji:20161102180608j:plain

意欲や喜びなど様々な感情をコントロールしているセロトニンが腸に大量に分布している、という事実から分かることがあります。

それは、腸というのはとても感情の影響を受けやすい器官であるということです。

実際、「ハラワタが煮えくり返る」とか「断腸の思い」という言葉があるように、昔から腸と感情とが深く影響しあっていることを人間は本能的に知っていました。

急増している過敏性腸症候群なども、ストレスが大きな原因と言われています。

おそらく腸は脳よりもずっと敏感に感情・精神・肉体の面でのストレスを感じ取っています。

強いストレスを受けると、防御反応として腸内ではセロトニンが分泌されます。

ストレス性の下痢や便秘を繰り返すのは、セロトニンを急激に分泌された腸が激しく収縮するためです。

そのままストレスが続くと、腸内のセロトニンレベルは低下し続けて、腸内環境も悪くなります。

このときには腸内細菌もダウンしてしまいますから、新たなセロトニンの供給も進みません。

もちろん脳に届くセロトニンの前駆体(5-ヒドロキシトリプトファン)も少なくなります。

こうしてセロトニンの分泌不足を原因とするうつ病の諸症状へとつながっていきます。

つまり、脳が「もしかしてウツ?」と知覚したころには、既に腸内では慢性的なセロトニン不足に陥っている可能性があるのです。

また別の観点で考えると、自分ではストレスなど感じていなかったつもりでも、腸は日々ストレスを感じて一生懸命にこらえてきたということになります。

自分のストレスの度合いを計るには、脳の知覚に従うよりも、腸の声に耳を傾けるほうが良さそうです。

「最近何だか胃腸が調子悪いなぁ」とか、「便秘が続いているなぁ」というときは、心身の休養が必要だというサインなのかもしれません。

うつ病になったら腸をいたわってみる

うつ病の治療では、大抵は脳にばかり注意が向けられます。

抗うつ剤のSSRIなども脳に働きかけてセロトニンの再取り込みを阻害し、伝達量を増やす作用があります。

しかし、うつ病から回復するためには、脳と腸の両方に注目するべきなのかもしれません。

長い間黙ってストレスに耐えてきたかもしれない腸を十分に休ませて、いたわってあげましょう。