今日はポカポカ温かくて気持ちいい天気だったので、家族で近くの公園へ。

 

青一面の空をボーッと見上げていると、突然に見慣れぬ物体が出現!

f:id:kenkouoyaji:20160228181722j:plain

つ、ついに遭遇してしまったのか?

 

と、思う間もなく、ひと目で宣伝用の飛行船と分かりました。

 

でも、なんだか空を泳いでる「お魚」という感じで、童心に帰ってしばらく眺めてました。

スポンサードリンク

 

俗にまみれた自分にもこんなピュアの心が隠れていたんだ・・・

と、自分で自分をいとおしんでいたのもつかの間、

「いや待てよ。あの広告って幾らぐらいかかんのかな?費用対効果が悪そうだけど、やる意味あるの?」

などと、すぐに俗っぽい考えがあふれ出るように浮かんでくる自分に「もうあの頃には戻れない」ことを再確認。

 

ちなみに、屋外飛行船の広告料は広告制作費込みで1日160万円が相場とか。