糖質制限ダイエットや自宅でできるライザップなど、相変わらずいろんな健康情報が次から次に出回っていて、追いかけるのにも少々疲れてきました。

健康の知識が増えれば増えるほど、カオスは深まり、そのストレスで逆に病気になりそうです。

「結局、玄米は体にいいの?悪いの?」
「肉は食べたほうがいいの?食べないほうがいいの?」
「ジョギングはしないほうがいいの?」
「普通のウォーキングじゃダメなの?」

 

f:id:kenkouoyaji:20160720221617j:plain

 

相反する意見の中で一度得た確信もグラグラ揺らぎ、いろんな疑問の答えが出ないまま今日が過ぎ行きます。

「結局何もしないほうが健康にいられるのでは?」とさえ思えてきます。

このところの健康法中心の生活に少し飽きてきたのかもしれません・・・

そんな感じで鬱々と過ごしていたのですが、先日偶然視ていたNHKの番組でドキッとさせられました。

その番組では、三日坊主を克服するための秘訣が取り上げられていたのですが、その中の秘訣の一つ「あきらめる」というキーワードが引っかかったのです。

何かを続けていくためには、たくさんのことをやり続けるよりも、優先事項を決めて絞り込むことのほうが大事だという内容でした。

「そうか!いろいろと試す時期から絞り込む時期にきているのでは?」

なんとなくそう感じました。

それで、もう新しい情報を追いかけるのはほどほどにして、今まで得てきたものの中から何かを取り出して深堀りしていこうと決めたわけです。

「じゃあ、どこにフォーカスすればいい?」

少しカッコつけた感じで自分に問いかけてみました。

「やっぱり『腸』かな」

それが出た答えでした。

とりあえず腸さえ元気ならなんとかなる

いろんな健康法を学んでいくと、どれも最後は腸や腸内環境のことに行き着くような気がしていました。

血液をきれいにするには、腸が大事です。

免疫力を高めるには、腸が大事です。

肥満を防ぐには、腸が大事です。

「うつ」にならないためには、腸が大事です。

そうです、腸は超大事なのです。

「もういろんなこと考えずに、とにかく腸の状態だけ意識して生きていこう」

 

f:id:kenkouoyaji:20160720222028j:plain

そう思った途端、混乱していた頭がスーッと晴れたようでした。

腸活は奥が深い

腸活というと、とりあえず便秘を予防すればいいのかなというぐらいが以前の認識でした。

しかし、腸に今までにないぐらいの活力を与えるためには、単に食物繊維をたくさん摂ってるだけではダメだということに気づきました。

それに、40を過ぎると腸内環境は急激に悪化するとも聞きます。

おっちゃんの歳になったら、普通に生活していても腸が日に日に衰えていくわけです。

ここは「攻撃は最大の防御なり」の戦略が必要です。

俺の力で最高の腸内環境をつくってやる!

というぐらいの積極的な攻勢が必要だと感じました。

そこで、おっちゃんが立てた腸活プロジェクトは以下の通りです。

おっちゃんの腸活プロジェクト

f:id:kenkouoyaji:20160720222555j:plain

 ・遅延型フードアレルギーの検査を受ける

以前からどうも相性が悪い食べ物があるなぁとは感じていました。

食べた後に何となく疲れやすかったり、腹鳴がすることがありますが、どうも食べたものに関係しているではないかと疑っていたのです。

すると、遅延型フードアレルギーというものがあるらしく、これは典型的な食物アレルギーとは異なり、食後数時間~数日して疲労感や頭痛などの症状として現れるらしいのです。

そして、この遅延型フードアレルギーにより、腸が炎症を起こして多様な健康ダメージを与えるということが分かりました。

そこで、まずは近いうちに遅延型フードアレルギーの検査を受けてみようと思います。

その後は、検査でNGの出た食品については徹底して食べないつもりです。

自宅でできる遅延型フードアレルギーの検査はこちら

 

・乳酸菌サプリを毎日摂取
加齢と共に減少していくビフィズス菌や乳酸菌はほっておいても増えてくれません。

これからは一生お金をかけて飼育していきたいと思います。

一生飲み続けられるような本物の乳酸菌サプリメントを探してみたいと思います。

・砂糖の代わりにオリゴ糖
どの情報を見ても、砂糖が健康にプラスになるという内容は一切見つかりません。

むしろ悪玉菌のエサとなって腸内環境には最悪らしいのです。

同じ糖分でもオリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって善玉菌を増やすので、家では料理でも何でも砂糖の代わりにオリゴ糖を使うようにしたいと思います。

・オリーブオイルを積極的に使う
サラダ油やコーン油などリノール酸の多い油は、やはり腸内環境を乱すのだとか。

オレイン酸の多いオリーブオイルは腸にもいいらしいので、フライでも炒め物でもサラダでも油は良質のオリーブオイルにします。

また、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は油分としては最悪みたいなので、パンもオリーブオイルをつけて食べようかと思います。

ちなみに欧米ではトランス脂肪酸を食品に使うことは禁止されています。日本は安全そうに見えて安全な国ではないらしい・・・

・ぬか漬けをつくる
ぬか漬けのような発酵食品は乳酸菌がいっぱい含まれていますから、どんどん食べたいと思います。

特にヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌と違い、ぬか漬けに含まれる植物性乳酸菌は酸に強くて生きたまま腸に届きやすいとのこと。

スーパーで売られているぬか漬けは着色料だらけなので、ぬか床セットを買って家で漬けてみようと思います。

・腸活エクササイズを毎日やる
腸に刺激を与え続けるためには、腸まわりの筋肉、特に腸腰筋を日々鍛えることが大事ということで、早速腸活エクササイズを始めたいと思います。

これはYoutubeでも探せそうです。

・とにかく歩く
運動としてウォーキングはとにかくいいらしいです。ジョギングするよりも関節への負担が少ないので、特にある程度の年齢のいった人は、ウォーキングが一番なのだそうです。

でも、ただ歩数を多く歩くよりも、20分程度の速歩きを取り入れるほうがより健康に良いようです。

毎日はムリかもしれませんが、週に2,3回は近所を散歩します。

以上が、今のところ思いついたおっちゃんの腸活プロジェクトです。

どれも簡単にできそうなことなので、後はどこまで続けられるか・・・ですな。