体の警備システムである免疫力が低下するのはどんな時でしょうか?

それは、体温が下がっているときです。

ちょうど泥棒やスパイが警備システムのスキを常に狙っているように、ガン細胞や病原菌など健康に害となる生物も体温が低下するときを待っています。

体温が高い時というのは、免疫細胞が活性化している状態ですから、健康ダメージを与える侵入者もそう簡単には悪さができません。

実際のところ、体温が平熱より1度上がると、免疫力は一時的に5~6倍にも増すそうです。逆に体温が1度下がると、免疫力は30%以上も低下すると言われています。

もし警備システムの30%をダウンさせることができれば、泥棒にとっては侵入しない理由はないですよね。病原菌やガン細胞にとっても同じです。

 免疫力が下がった時に病気になりやすいのは、こうした理由によります。

では、免疫力低下につながる低体温は、どんな要因から起きるのでしょうか?

体温を低下させる生活習慣

運動不足

体の熱の40%以上が筋肉から生み出されています。ですから、運動不足で筋肉量が低下すると、それが体温の低下につながるのです。

ストレス

常にストレスを感じていると、神経伝達物質のアドレナリンが多く分泌され、それが血管を収縮させるので血行が悪くなります。そうして体温が下がり免疫力が低下します。

過食

食べ過ぎると、食べ物を消化するために長い間胃腸に血液が集まり、手足の末端などは血行不良になって体温が低下していきます。

偏った食事

特に甘いお菓子や清涼飲料水、加工食品といった陰性食品ばかりを食べていると、体はどんどん冷えていきます。関連記事:食物の陰陽とスターウォーズ

水分のとり過ぎ

適度な水分補給は必要不可欠ですが、水分をとり過ぎると体の冷えにつながります。

無理なダイエット

栄養バランスを考えずに無理なダイエットをすると、食物からの熱やエネルギーをつくれずに低体温になってしまいます。

体温を上げて免疫力を高める

ガン細胞は体温35度の時に最も活発に増殖し始めると言われています。

理想の体温は36.5度以上で、このような時に免疫力や代謝が最も活発に働きます。

ちなみに50年前の日本人の平熱は、平均すると36.8度だったそうです。現在の平均は36.2度ということですから、日本人全体としても免疫力が低下傾向にあるようです。

理想の体温に近づけるために、まずは前述の体温を低下させる習慣を改善するようにしましょう。

それとともに次のようなことを行うと、体温を上げるのに役立ちます。

ぬるめのお湯で半身浴をする

入浴時のお湯の温度によって身体への効果も変わってきます。熱いお湯は目を覚まさせ、活動的にする効果がありますが、体温を上げるには、逆にぬるめのお湯にゆっくりつかってリラックスすることが必要です。

寝る1時間ほど前に半身浴で30分ほど入浴すると、血行が良くなって体が温まりますし、睡眠の質も良くなりますから効果的です。

よく歩く

全身の筋肉の70%が腰から下に集中しています。ですから、よく歩くことで下半身の筋肉を鍛えるなら、冷えも解消されていきます。1日30分以上歩く習慣をつくりましょう。それが難しい場合は自宅でスクワットを行なうのも下半身の筋肉増強に効果的です。

腹巻・湯たんぽなどの活用

特に寒い時期は、外側から体を温める腹巻や湯たんぽやカイロなどのアイテムも活用して冷え対策をしっかりしましょう。また暑い時期もクーラーの効いた部屋に長時間いる場合は、ひざ掛けや厚手の靴下などで防備して必要以上に体温が低下するのを防ぎましょう。

食事は努めて陽性食品を

食物の陰性と陽性を意識して、体を温める陽性食品をメニューに多く含めるようにします。陽性食品には肉や魚などが含まれますが、ヘルシーに体温を上げるには、生姜や人参・玉ねぎ・ゴマなど植物性の食材がおすすめです。ドリンクでは、コーヒー・紅茶よりもタンポポ茶や梅しょう番茶などが体を温めます。

体温を上げる生活習慣で鉄壁の警備システムを目指しましょう。