腸閉塞の特徴
腸閉塞はいくつかの原因によって、腸内の通りが悪くなったり、詰まってしまう病気です。

食物は口から取り入れると食道を通って胃や小腸で消化されて大腸へと運ばれて行きますが、その通りが悪くなると当然ながら消化や排せつに影響し、様々に深刻な症状が現れます。

特に腸閉塞では激しい腹痛や嘔吐が生じます。

便秘や腹部の膨満感を感じ、重度化すると腸管が破れて腹膜炎など命の危険にかかわる状態におちいることさえあります。

それで腸閉塞の兆候となるような症状に気づいたら、早めに受診することが大切です。

中でも、腸閉塞の起きやすいのは、大腸がんなどにより過去に開腹手術の既往歴がある方です。

手術を行った部位が癒着することによって、腸閉塞が起きやすくなり、一度回復しても再発しやすい特徴があります。

腸閉塞の治療と予防

治療としては、まずは絶食を行います。

食事をしても腸内を通っていかないのですから、閉塞状態が回復するまでは口からものを入れないことが大切です。

もちろんその期間中は入院し、安静にしておかなくてはなりません。

さらに鼻からチューブを通して、閉塞している個所から上部の消化液などたまっているものを吸引する方法がとられます。

これを行わないと腸内の圧力がどんどん強くなり、腹痛が一層激しくなりますし、腸が破裂する危険があります。

それでも経過がよくない場合には、手術が行われます。

腸閉塞は軽快し退院した後も注意が必要です。

詰まりやすい腸の状態や生活習慣が腸閉塞を引き起こしますから、消化の悪いものばかり食べていたり、便秘を放置しておくなら、またいずれ再発する危険があります。

日ごろから腸内環境を良好に保つように心がけ、お通じが調子よくない時には早めに対策を講じましょう。

腸閉塞は消化機能の低下や手術経験のある人が多い高齢者でよく見られますが、腸の発達がまだ未熟な小児でも起きることのある病気です。

子供では腸がねじれる「腸捻転」が起きることがあります。

激しい腹痛を訴えたり、血便が出る、高熱が出る、嘔吐を繰り返すなどの症状が重なるときは急いで病院を受診したほうがよいでしょう。(参考サイト:腸閉塞の初期症状はこんな感じです-腸閉塞の再発予防.com)